ホーム » 2014年

2014年

日時 報告者 所属 タイトル 資料
1月17日 林正徳 早稲田大学日米研究機構 主要国の地域貿易協定におけるSPS条項ー「グローバル・ルール」と「ローカル・ルール」の重量化の事例分析ー
3月14日 大野泉 政策研究大学院大学 新時代の日本の開発協力ー「連携型協力」のすすめー
4月18日 濱田太郎 近畿大学准教授 植物検疫措置の国際比較ーSPS協定5条5項、5条6項、2条3項にいう比較または同一・類似の射程
5月16日 荒木一郎 横浜国立大学教授 バリ閣僚会議以後のドーハ・ラウンドのメガFTAの展開
6月20日 王昕 横浜国立大学 国際社会科学府 博士課程後期 行政指導をめぐる中日の比較研究-通商産業政策における行政指導を中心に-
9月12日 喬禹翔 横浜国立大学博士課程後期 中国独占禁止法の域外適用をめぐる事例研究
10月17日 内田芳樹 MDP Business Advisory 米国海外腐敗行為防止法(FCPA)の域外適用と新たな国際経済法秩序の確立状況についての考察
11月20日 川瀬剛志 上智大学教授 WTO補助金規律における国家資本主義の位置−エアバス事件の示唆−

次期研究会

日時:改めてお知らせ
報告者:高村 ゆかり(東京大学教授)
報告タイトル:「炭素国境調整措置とその国際法上の論点」
ディスカッサント:川瀬 剛志(上智大学教授)
柳 美樹(日本エネルギー研究所研究主幹)

懸案Brief

文献紹介等